前者の外為業者が管理しているから

-

-

外国為替証拠金取引(FX)については取引所取引という場所がございます。78-11-67

日常的の外国為替証拠金取引(FX)会社と売り買いを行うという行動を「店頭取引」と言いますが、この取引は取引所を通さず商いのペアはFX(外国為替証拠金取引)会社になります。78-20-67

「取引所取引」という所はFX会社は仲だちでありますのでダイレクトな売買相手は取引所との事になるのです。78-10-67

この違いをちょっと比べてみましょう。78-3-67

初めに「店頭取引」の折は預託しておる証拠金はFX会社に束ねされています。78-5-67

「取引所取引」の次第、この資金は全てのお金取引所にデポジットしなければならないと義務づけられています。78-18-67

そういった事で万一外為企業が経営の行き詰まりをするような経験があったとしても、後者は、取引所によってお金は全姿金防守されているということになるのです。78-4-67

前者の外為業者が管理しているから、場面を見て企業破綻のしわ寄せをの傷を受けて預託していた証拠金は擁護されずなのかもという可能性があります。78-13-67

更に税金面からみても両者双方取り決めに違いがあります。78-17-67

「店頭取引」では、為替差益やスワップ利息などを雑所得として給与と加算して申し出をしなければなりません。78-1-67

ものの確定申告しなくても済むケースもあるとの事ですので、自分に当てはまるのかしないのかチェックしていただきたいです。

もしあなたが勤労者で年収二千万円以下給与所得をはみ出した利益が二十万円以下(2社以上の会社から賃金所得はなし)といった取り決めを満たしている状態でいるということであれば例外で確定申告は不要になります。

FX(外国為替証拠金取引)収益が20万円以上のケースは確定申告するようにして下さい。

税金の率は儲けに従い5%〜40%の6個の段階に分割されており利益が高いならば税も上がってしまいます。

「取引所取引」に関しては、収益があるのであればそれ以外の実収とは分けておいて「申告分離課税」の対象となるのです。

税の割合はすべて20%となるんですが、万一損失が決まったならば「取引所取引」の有益として欠損分を来年以降に繰越するということができるのです。

上記のように、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも低価格な税になるケースも大いにあるので比較して検討していった方が良いと思います。

とりわけビギナーのケースは、JASDAQ株価の上がり下がりや円の動きに日々注目して、もうけや赤字にひやひやする事で、税金においての問題を忘れ易くなってしまうこともあるので注意しましょう。

赤字は困るけれども、儲けが高騰すれば税金においても値上がりするので目を向けるのと理解が大切でしょう。


Site Menu

78-16-67 78-15-67 78-7-67 78-12-67 78-2-67
Copyright © 2000 www.potatomoonband.com All Rights Reserved.