www.potatomoonband.com

-

-

「スプレッド」とはFX取引は外貨を売買して収益を稼ぐ取引です。値は、二十四時間上がったり下がったりします。これが為替レートです。インターネットでニュースをみているとニュースが流れる場合があります。見かけるのが、「マーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという意味ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを表示しています。別の言い方をすると、トレードには買値と売値の両方の価格が存在します。売値、買値ではなく、BID、ASKと表しているFX会社もあったりします。いつもは売値のほうが買値よりも安価に設定されています。投資家が買うときには高く、売るときには安くなります。この差額をスプレッドといいFX会社の収益のひとつといわれています。スプレッドの差はFX取引会社によって変わります。スプレッド幅は利用者にとって費用になるので低いFX会社を選択したほうが得です。ただし、同じFX業者でも局面によってはスプレッドの広さは変動します。仮に日常的には円とドルのペアでたった1銭のスプレッド幅であるとしても市場の上下がとても激しいケースでは1銭よりも大きくなったりする場合があります。なので、スプレッドの広さが狭いのと同じく、変わらないのが大事です。現在では変わらないスプレッドの幅を見せるFX取引会社も多数あります。実際にFX業者の取引画面上で為替レートを調べなければ評価できないので面倒ですが、肝心な事です。大切なお金を預けて売り買いをしますので、実際のエントリーの前に気になるFX会社の新規取引口座開設をして表示されているスプレッドを知っておきましょう。同じペアでも為替の変動率(ボラティリティ)によって、外貨のスプレッド幅は変化します。通常、インターバンクマーケットで取引量の多くて、流動性の高い通貨ペアではスプレッド幅が狭くその他の通貨ではスプレッドの幅が拡大する傾向にあります。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.potatomoonband.com All Rights Reserved.