複数枚の明細の解説:3枚の使用明細の正体と

-

-

カードをお店で使用する際みなさん経験があるかと思うのですが、担当者が慣れていないためどちらのレシートを利用者へ対して渡すべきか迷っている時があるのではないでしょうか。79-8-67

というのも、クレジットを処理すると機械からは3枚の紙というものが印刷されるため、これらのうちどのレシートをお客様のもとへ差し出すのか迷うという話です。79-1-67

複数枚の明細の解説:3枚の使用明細の正体とははどういうものかについては、以下の記載の内容になります。79-16-67

1お客さんに渡さなければいけない利用明細。デトランスα 手汗

2店舗で保管する利用レシート。79-2-67

3クレジットカード会社控え明細レシート(サインを行うレシート)。79-4-67

通常はあたりまえのようにお客様に渡す使用明細を受領するはずですが、稀に、違う明細レシートを利用者へミスして渡すというというケースであったり署名された使用レシート自体を渡してしまうというパターンすら存在します。79-20-67

このようなパターンはアルバイト従業員であったり、クレジットカードというものが使われることの少ない店舗などの会計においてクレジットカードを利用するとそのような従業員の焦りが垣間見ることが出来るだろう(笑)。79-19-67

いつの日か従業員が誤った方の使用レシートを渡してきたときは怒らずに「こちらじゃありませんよ」と一言直してあげて欲しいです。79-7-67

79-3-67


Site Menu

Copyright © 2000 www.potatomoonband.com All Rights Reserved.