www.potatomoonband.com

-

-

受験勉強は詰め込み型でなければいけないと思っている人は多いようです。ですが、実際は、あまりにも詰め込んでいるとかえって脳の能率が低下していきます。 東大生の受験生時代の勉強時間は、一日に6時間程度だったといいます。その代わりに睡眠をしっかりとって、記憶を定着させたそうです。最も、その6時間の勉強内容は、自分の課題をしっかりととらえた、誠実な勉強法だったようですが。 受験勉強に大事なのは、勉強時間ではなく、勉強内容をどれだけ頭のなかに吸収出来たかです。詰め込み型は、深夜まで勉強が及び、睡眠不足になります。睡眠を取っていないと、脳の働きが低下しますし、記憶も定着しないのです。 また、切羽詰まった状態での勉強も効率が悪いようです。 リラックスした精神を常に心がけて、甘いものなどで脳を休めながら、休憩と勉強のメリハリを付けてのぞむことが大事です。 受験勉強は、根を詰めすぎずに、リラックスした状態で行いましょう。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.potatomoonband.com All Rights Reserved.